« 2008年9月 | トップページ

2008年10月

2008年10月 3日 (金)

頭痛診断のための検査

みなさん、こんにちはhappy01

低気圧が近づき、低気圧頭痛の人には憂鬱な時期になりましたがいかがお過ごしでしょうか?

   『第5話 頭痛診断のための検査

前回は、自覚症状からの頭痛等のタイプについてお話しいたしましたが、今日は頭痛診断時に必要な検査についてお話しいたします。

 1)神経学的検査

    自覚症状が明らかになった段階で、他覚的徴候の有無

   を知ることで頭痛の陰に潜んでいる重大な疾患を見分ける

   ことが可能となります。その中で、以下の項目においては欠

   かすことのできない検査で、陽性が認められる場合はそれ

   ぞれの病態の可能性を考えます。

  (1)髄膜刺激徴候の有無

   ①項部硬直

     仰臥位にし、そっと頭を持ち上げる

       → 抵抗がある場合、くも膜下出血または髄膜炎

   ②Kernig徴候

     仰臥位で股関節を持ち上げ、膝関節を押さえながら下

    腿をそっと持ち上げる

       → 股関節と膝関節を90°にまげ下腿を受動的に

         伸展させたとき、上腿と下腿の角度が135°以上

         にならない場合は、くも膜下出血または髄膜炎

  (2)局所神経徴候の有無

   ①片麻痺、失語症が認められる場合

      → 脳腫瘍、脳出血、慢性硬膜下血腫、ヘルペス脳炎

   ②眼球運動障害が認められる場合

      → 結核性髄膜炎、脳出血、脳腫瘍

  (3)眼底検査

   ①うっ血乳頭が認められる場合

      → 脳圧亢進(脳腫瘍、慢性硬膜下血腫)

   ②網膜前出血の有無

      → 出血が認められれば、くも膜下出血

  (4)圧痛点の検査

     後頭下部が痛い場合は、緊張型頭痛

  (5)叩打痛

   ①前頭部、上顎部が痛む場合

     → 急性副鼻腔炎

   ②顎関節が痛む場合

     → 顎関節炎

 2)頭痛の補助検査

    頭痛の補助検査には、CT、MRIなどの解剖学的検査と、

   脳波などの生理学的検査、血液や髄液などの生化学検査

   の実施が重要です。

 (1)頭部CT、MRI

    慢性頭痛では異常を認めないが、くも膜下出血、硬膜下

   血腫、脳腫瘍などの器質的頭痛においては出血など異常

   が認められ鑑別が重要となります。

 (2)髄液

    判定結果が不適の場合は、くも膜下出血や髄膜炎の可

   能性があります。

 (3)血沈、CRP

    亢進結果の場合は、側頭動脈炎、髄膜炎や脳炎が疑わ

   れます。

 (4)脳波

    てんかんの場合異常脳波を認めます。

 (5)表面筋電位

    緊張型頭痛発症時の姿勢で、僧帽筋に強い群化放電を

   認めます。

            <主な疾患と必要な検査項目例>

       ①突然締めつけるような頭痛

          → くも膜下出血? 

              → CT:出欠の有無、 MRA:脳動脈瘤?

       ②発熱・頭痛が日増しに強まる

          → 髄膜炎? 

              → 積極的に髄液検査

       ③両額を圧迫されるような頭痛

          → てんかん? 

              → 脳波

       ④片側の額を圧迫するような頭痛

          → 局在性てんかん? 

              → 頭痛の反対側に病変? 

                   → CT、MRI

以上、症状の観察によりそれぞれ疑わしい症状の検査を行い、病態を絞っていき診断を行いますconfident

次回からは、それぞれの頭痛に関してお話ししていきますwink

でわ、このへんで。。。paper 

     

           参考:Primary care note 頭痛[第2版] / 日本医事新報社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ